キングコンクリート

鉄筋コンクリートの強さ・強度と木造の快適さを備えたハイブリッド住宅

キングコンクリート工法(特許出願中)

この工法は、木造の体感で鉄筋コンクリート造りの強さを活用したものです。

木造の体感とは?
木が自然呼吸する性質(湿度等の調節)を利用して、高温多湿の日本で快適に生活できる。

鉄筋コンクリートの強さとは?
自然災害(台風、土砂災害、地震等)の外圧に耐える本来の特性を活用するものであります。

従来工法とこの工法の大きな違いは、コンクリートを打設する際、従来工法は型枠を仮設材としますが、この工法はそのまま型枠を造作材に変化させてしまう工法です。

確かに型枠を仮設材にすれば、型枠材を数回利用することが出来、木材等の節約になりますが、その違いは小さいと思われます。
その分、この工法なら型枠材取り付け作業と造作作業が大幅に軽減出来ます。

又、仮設材の場合は不確定な空間に建込作業となり、それを固定・安定させる為に、さらに仮設材で筋違や支保銅等で支えなければなりませんので、かなりの人力作業を要します。
それからやっと生コンの打設となります。更にその後、再び造作木材を搬入しての造作工事となりますので、その工程にも多くの無駄を感じます。

近年、日本の木造住宅はコンピューター制御による木材プレカット工法により、従来の人力による墨付や加工に要した時間よりも大幅に短縮されました。
日本で生まれた木造プレカット工法を使わない手はありません。ですが残念なことに、現在鉄筋コンクリート工法には使用されておりません。

室内に木軸工法を使用することで、日本の風土に合った木造住宅を実現でき、それに鉄筋コンクリートの強さ・耐久性を外部に取り入れることにより、外圧(台風、土砂災害、地震)に耐えるダブルの利点を備えた工法だと信じております。

住む木造住宅の快適さと、住む鉄筋コンクリート住宅の安全からくる安心を兼ね備えた住宅は他にありません。
日本の風土に合った住宅は、木造住宅に他なりません。ですが、木造住宅は台風、土砂災害や地震等の自然災害には弱く、多くの人命が失われている現実があります。

新工法を生かした建物に住んでいたら、”多くの命を救えたのでは?” 人命を大切に思うからこそ、この工法を安価で全国に広めたいとの使命感をもって、開発、特許出願に至っております。
日本人や日本の風土に合う建物として、一日でも早く、一棟でも多く完成することを願うものであります。

キングコンクリート工法のメリット

鉄筋コンクリートの強さ・強度と木造の快適さを備えたハイブリッド住宅

・工期短縮(最短約45日)

・鉄筋コンクリート住宅なのに結露が少ない

・揺れ(地震、台風)に強い

・防音もバッチリ!

キングコンクリート工法

キングコンクリート工法

キングコンクリート工法

見学予約方法

見学予約は希望日時(3つ程度)お知らせください。

電話:092-503-6158

アクセスマップ

キングゴリラが目印です。
キングゴリラ

キングコンクリート

キングゴリラ

キングコンクリート

 

 

キングコンクリートは、日々進化を続けています。

このキングコンクリート工法を日本中に広めます!!